マンションで防音リノベーションを検討中の方へ!具体的な種類をご紹介!

リノベーションの知識
「マンションだから、騒音で近所迷惑にならないかが心配。」
マンションのリノベーションをお考えの方の中に、こういった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
リノベーションで防音をすれば解決できます。
そこで今回は、マンションの防音リノベーションについて紹介します。

□防音リノベーションの種類

防音リノベーションには、いくつかの種類があります。
ここでは、3つの方法についてご紹介します。

*床

1つ目は、床のリノベーションです。
床の防音リノベーションは、床材を張り替えるか、床材の下にマット素材を敷くかの2種類の方法があります。

床材を張り替える場合は、防音性能の高い床材を選びましょう。
そして、マット素材を取り入れる場合は、グラスウールなどがおすすめです。
しかし、床材を張り替えることと比較すると、マット素材を取り入れる方が費用は高くなるでしょう。

*壁

2つ目は、壁のリノベーションです。
壁のリノベーションにも、吸音材と遮音シートを取り入れる方法と、換気口を防音仕様にする2種類があります。

吸音材と遮音シートを取り入れる場合は、クロスを張り替えることとは違うので、それと比較すると費用も高いです。
換気口も音が漏れやすい箇所ですので、防音仕様にすることで、部屋全体の防音効果も高められるでしょう。

*窓

3つ目は、窓のリノベーションです。
窓をリノベーションすることで、室内で発生する音が漏れるのを防ぐのに加えて、外部からの音も遮断する効果があります。
方法としては、窓ガラスを防音性能の高いものに変更するか、内窓を取りつける方法があります。
費用に関しては、設置する窓ガラスの種類で異なりますので、ご自身で確認しておきましょう。

□防音性能を向上させるために

防音性能を向上させるためには、防音リノベーションを行うだけでなく、インテリアの配置も考えることが重要です。
オーディオやテレビなど音が発生する機器は、戸境壁側から少なくとも10センチメートル程度離して設置しましょう。

また、窓辺に遮音カーテンを設置することで、防音性能を向上させられます。
遮音カーテンに関しても、防ぎたい音に合わせて種類がありますので、ご自身にあったものを取り入れましょう。

□まとめ

今回は、防音リノベーションの種類についてご紹介しました。
防音リノベーションについてご不明な点がある方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。
当社では、リノベーションに関するご相談を受け付けております。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
WORKS MORE
EVENT MORE